大谷石の再利用@那須町

大谷石の瓦礫の山を覚えているだろうか?数年前、ツリーハウスを造成した際に使用した大谷石をご覧いただこう。醸造所を横目にして、ツリーハウスに繋がるエントランスに向かう。その足元の通路には、無数の大谷石がまるで大昔からあったようにエイジングされ、周りの自然と調和しつつも、独特な雰囲気すら醸し出している。

この巨大な大谷石を運ぶのは容易ではなく、かなりの労力と時間を要した。ボコボコの大谷石を一つ一つ丹念に敷き詰め、砂や土で高さを調整、その時点ではまだ隙間だらけで歩き難い。

そこに土や砂ぼこりが風で飛ばされて舞い込み、雨が降り浸透する、やがて苔や草が生え、日の光を浴びながら、そこに落ち着く。

産業廃棄物として処分せず、醸造所やツリーハウスのエントランス、やがて着工するワイナリーやワイン貯蔵庫、レストランやテイスティングルーム等、基礎や壁の一部として余す事無くすべてを再利用していく。これからワイナリー全体に広がり、それぞれの役目を果たしていく大谷石、まさに本望であろう。

松本 準人(Matsumoto.Norito.)

最新情報をチェックしよう!

661ワインヒルズの最新記事8件