耕作放棄地の造成作業@那須町

何十年も手付かずだった耕作放棄地に鍬を入れ、肥料を与えてひたすら耕す事で、農地は徐々に作物が育ち易い環境に変わっていく。ただ今回は容易ではない事に気付かされる。

既にこの辺りは、篠の根が地中を支配しているので、重機を導入し土を掘り起こす事から始まる。

そこで出てきた根を、手作業で根気よく除去し、朝から晩までこの作業を繰り返し行う、毎日が地べたとの闘い。

この同じ作業を7日~10日ほど繰り返し行っていく事で、徐々に扱い易い土に変わってくるのが見て分かると思う。この地には1,500本程度の異品種の葡萄を植える予定。このまま春先まで2カ月程は同じ作業が続きそう。

松本 準人(Matsumoto.Norito.)

最新情報をチェックしよう!

661ワインヒルズの最新記事8件