CATEGORY

那須の観光

大谷石の外壁と欅のテイスティングカウンター

柱を組み屋根を張ると、ワイナリーの形が随分と見えてくる。防水シートと黒い屋根材を張ると同時に、手前では外壁の大谷石の準備に取り掛かる。ここでようやく大谷石の出番が来た。組みやすい様に面を整えて準備をする。 なんとも雰囲気の良い大谷石だろうか、ひとつひとつのそれぞれ色合いが違う石が組合さる事で、さらに良い風格を引き出しているではないか。那須地区の農協で使用されていた米倉庫の解体大谷石が、こうして少し […]

那須の入り口「那須街道」を行く@那須町

那須旅行と言えば、大半の人が通る事になる「那須街道」、遠方から来た人にとっては「県道17号線」とも言われる。栃木県道17号 那須高原線・主要地方道 那須高原線、ただ地元の人はウィークデー以外はあまり好んで通らない。観光シーズンとなれば、上下線とも混雑し大渋滞を起こすので、那須街道付近で働く人でもない限り、多少の距離があっても他の道を迂回する。 四季折々の姿を見せてくれるこの街道、ひと昔前は赤松林の […]

那須高原で古き良きカントリーライフを愛する女性【ミセスポージー】@那須高原

那須のワイナリー“那須661ワインヒルズ”の開設準備室がある敷地の入り口には、地元の人に人気のイタリアンレストラン“ロルモ”と、その隣に『Mrs.Posie’s(ミセスポージー)』という雑貨のお店があります。 今回はこの店のご紹介をしましょう。 『ミセスポージー』というのは実は架空の女性の名前です。那須高原で、古き良き“カントリーライフ”を自分流にアレンジして楽しむ女性で、自分の生活に […]

那須のワイナリーは東京と仙台のちょうど中間180kmの那須高原に誕生!

那須のことを知っている人でも、なかなか正しい位置関係を説明するのは難しいですね。那須町の読み方は「なすまち」です。「なすちょう」ではないので注意してください。それと那須のことを「那須高原(なすこうげん)」ということがしばしばあります。正確には、那須高原とは、栃木県北部の那須連山の南側山麓地域、那須町の中でも半分から上の方をさします。天皇陛下や皇族の方がご静養に訪れる那須の“御用邸”も、今度新しくで […]

那須でブルーベリーワインが誕生したのは2002年【ロイヤルベリーズファーム】@那須高原

那須高原で、“ブルーベリーの栽培”をしている方はたくさんいます。そして、“ブルーベリー農園”と称するところもいくつもあります。そんな中で、無農薬のブルーベリーを造り続けて、ワインとして商品化している農業生産法人が那須のワイナリー“那須661ワインヒルズ”の運営母体の【ロイヤルベリーズファーム(有)】です。 【ロイヤルベリーズファーム】ではブルーベリーを使ってたくさんの商品を開発していますが、中でも […]

那須連山の主峰“茶臼岳”も秋から冬支度へ@那須高原

那須のワイナリー“那須661ワインヒルズ”の開設準備室のあるエリアからは、那須連山の山並みを望むことができます。 明け方に気温が下がった今日は、すっきりと晴れ渡った青空が広がったものの、那須連山の主峰“茶臼岳”には、うっすらと雪が被っていました。ふもとは晩秋の気配が漂っていますが、山の上では冬が始まりました。 <白い雪が見える茶臼岳> 【那須661ワインヒルズ開設準備室】の横は、デッキが広がり、那 […]

可愛いログハウスの那須ワイナリー【那須661ワインヒルズ】開設準備室がオープン!@那須町

那須町では初めてとなる那須のワイナリー【那須661ワインヒルズ】、その開設に向けての準備室がオープンしました。 場所は、ロイヤルホテル那須の東側、りんどう湖LAKEVIEWの真向かい、ミセスポージーの裏に入ったところにあります。那須のワイナリー【那須661ワインヒルズ】は、ロイヤルベリーファーム(有限会社)が計画して進めているもので、ミセスポージーもこの会社のお店になります。 <ファンシーな雑貨が […]

那須で初めてのワイナリー【那須661ワインヒルズ】がオープン予定@那須高原

那須町の那須高原に栃木県最大規模の那須のワイナリー【那須661ワインヒルズ】が、那須町では初めて2020年から2021年にかけてオープンする予定です。このワイナリーは、国の“構造改革特区”に那須町が2017年12月26日に認定された「どぶろく・ワイン特区」事業の一環で、農業生産法人ロイヤルベリーズファーム有限会社(代表室井秀貴)が、計画し実現に向けて組み立てを進めているものです。ロイヤルベリーズフ […]