グラスワイン

NASU 661 wine hills

A new winery is born in Nasu! Please wait for newly open!

木々たちを避けて

ようやく形らしくなってきた。いま屋根になっているこの上部に、土間コンクリートを施し、さらに上へ合わせて7メートルの高さになる予定だ。なるべく余計な木々は切らず、避ける様に建物は設計されている。また切り出した木々は建築材料や、メインホールに設置予定の暖炉の燃料として、乾燥させて保存される。 土間コンクリート作業中の様子。300坪のコンクリート施工にはちょっと時間が掛かった様だ。もともと道らしきものが […]

基礎工事

ワイナリー本館の基礎工事が本格的になってきた。削り過ぎないように山を拓き、残したい木々を避けて造成。ここは1階でもあり地下とも言えるスペース。ちょうど男性が立っている付近が、BBQコーナーの受付や、食材お渡しカウンター、自動精算機による食券売場の予定。この上に2階になる床部分が追加される。画像右側中央付近の2階部分がエントランスになる見通しだ。 松本 準人(Matsumoto.Norito.)

貯蔵スペース

醸造所にて出来上がったワイン、それらを貯蔵するスペースである。本館部分のレストラン、ベーカリー、テイスティングルーム等が画面中央奥に施工される、そこからデッキスペースが延伸しBBQスペースに繋がるわけだが、ちょうどその下を貯蔵スペースとしている。 地上からだと1階に見えるが、丘の上に立つワイナリーから見ると地下1階にあたる。 まだまだ先は長い。 松本 準人(Matsumoto.Norito.)

ワイナリー本館着工のお知らせ。

遅ればせながらではあるが、ようやく基礎工事が始まった事をお知らせしたい。コロナ過で遅れに遅れ1年半、また建築確認申請にも時間を費やされ、あっという間に約2年が過ぎてしまった。これから約3~4カ月かけて本館を作り上げる。 葡萄畑が画面中央左に見えるが、本館のデッキスペースの前が、広大な葡萄畑が広がるように設計した。 まだまだ基礎部分の工事であるが、グランドオープンに向けての第一歩である。 松本 準人 […]

サステナブル@那須661ワインヒルズ

いよいよ動き出したワイナリー建設、といってもまだ基礎工事前の下準備である。建物に掛かる木々は伐採する事にし、藤の巨木のように残せる木は建物に合わせてうまく利用する手筈だ。伐採した木も再利用するのが今回のワイナリーのテーマの一つでもあり、ただ捨るだけでなくそれらを環境にうまく循環させる、サステナブルがもっとも大切なテーマとなる。建築材や燃料として、家具や身の回りの木工品、アウトドア体験時の箸作りなど […]

蛍の里@山

ワイナリー建設予定地の反対側の山の中では、遊歩道の整備が進んでいる。立ち枯れ木や雑草の切り出し、落ち葉さらいなどを行いすっきりとさせた。この地は「山野草」が豊富に生えている、ちょっとした秘境みたいな場所、この地では夏になると無数の蛍が観察出来る場所でもある。 ここを降りていくと小さな沢があり、きれいな清水が流れているのだ。そこには水芭蕉の群生地があり、周辺には、ニッコウキスゲ、ノカンゾウ、最近では […]

入植@WineHills

4年前、初めてワイナリー予定地の森に入った時の様子である。左側中央部に写っている電柱が薄っすらと見えるのがお判りだろうか?誰かが何回か歩いたような跡も地面に残っている。 毎日の様に森に入り人の手で少しずつ道を作る、砂利を敷き詰め作業車が入れる様に整備、立ち枯れした木々や雑草を切り出し、地面の落ち葉をさらって地面に太陽の光が差すようにしてあげる。切り出した木々は燃料や木工用に使用するので、乾燥させて […]

ワイナリーの主(ぬし)@Fuji.com

ワイナリー建設予定地にある藤の巨木、どうやら日本一級の大きさで、足利のテーマパークにある藤の木より大きく、根や蔓は森中を這いつ くばり、この森のネットワークの中枢(HUB)の様な存在感である。 いつからここに居たのか不明だが、この大きさになるには相当な年月を費やしたに違いないこの藤、当初のワイナリー建設計画の中で伐採も考えられていた。しかし森を切り拓いていく中で、その存在感は圧倒的である事に気付か […]

那須661ワインヒルズ@那須町

葡萄畑が少しずつ広がっていきます。剪定した苗を見ると、茎も太くなり今年も沢山収穫出来そうです。 造成前のワイナリー(約2年半前) 2021年11月プレオープン、2022年4月グランドオープン予定です。レストランやバーベキュー場、キャンプ場、ベーカリー、アイスクリームや売店、畑の造成から植樹、醸造、育苗、営業スタッフも募集中です。今までの経験を生かした働き方、初めての方でも歓迎致します。またワイナリ […]

耕作放棄地の造成作業@那須町

何十年も手付かずだった耕作放棄地に鍬を入れ、肥料を与えてひたすら耕す事で、農地は徐々に作物が育ち易い環境に変わっていく。ただ今回は容易ではない事に気付かされる。 既にこの辺りは、篠の根が地中を支配しているので、重機を導入し土を掘り起こす事から始まる。 そこで出てきた根を、手作業で根気よく除去し、朝から晩までこの作業を繰り返し行う、毎日が地べたとの闘い。 この同じ作業を7日~10日ほど繰り返し行って […]