CATEGORY

ワインヒルズ造成

サステナブル@那須661ワインヒルズ

いよいよ動き出したワイナリー建設、といってもまだ基礎工事前の下準備である。建物に掛かる木々は伐採する事にし、藤の巨木のように残せる木は建物に合わせてうまく利用する手筈だ。伐採した木も再利用するのが今回のワイナリーのテーマの一つでもあり、ただ捨るだけでなくそれらを環境にうまく循環させる、サステナブルがもっとも大切なテーマとなる。建築材や燃料として、家具や身の回りの木工品、アウトドア体験時の箸作りなど […]

入植@WineHills

4年前、初めてワイナリー予定地の森に入った時の様子である。左側中央部に写っている電柱が薄っすらと見えるのがお判りだろうか?誰かが何回か歩いたような跡も地面に残っている。 毎日の様に森に入り人の手で少しずつ道を作る、砂利を敷き詰め作業車が入れる様に整備、立ち枯れした木々や雑草を切り出し、地面の落ち葉をさらって地面に太陽の光が差すようにしてあげる。切り出した木々は燃料や木工用に使用するので、乾燥させて […]

ワイナリーの主(ぬし)@Fuji.com

ワイナリー建設予定地にある藤の巨木、どうやら日本一級の大きさで、足利のテーマパークにある藤の木より大きく、根や蔓は森中を這いつ くばり、この森のネットワークの中枢(HUB)の様な存在感である。 いつからここに居たのか不明だが、この大きさになるには相当な年月を費やしたに違いないこの藤、当初のワイナリー建設計画の中で伐採も考えられていた。しかし森を切り拓いていく中で、その存在感は圧倒的である事に気付か […]

遊歩道の開拓@那須町

ワイナリーから一番離れた場所ではあるが、山の一部を切り拓き遊歩道整備が行われている。立木はなるべく切らず、自然を散策できるようにしているが、この場所には残念ながら太陽光発電パネル施設が….。 太陽光パネルを背にして、ワイナリーに向けて歩くことにしよう。 山肌をうまく利用し、少しずつ砂利を敷き詰める。 高台から観る葡萄棚は一見あり、葡萄棚では枝の剪定と誘引作業中。 整地したばかりで勾配が […]